Shopin

携帯電話の充電に関する問題について

1.純正でない充電器を使うと電池が壊れる

純正でない充電器は、正規品に比べると多少性能が劣る場合もあるが問題はない。問題なのは「パチ物」と言われるレベルの格安で売られている充電器。こちらは壊れやすいだけでなく、電池に悪影響を及ぼすものも存在する。安すぎる充電器には注意が必要だ。

2.充電中に携帯を使用するのは危険

充電をしながら携帯を使用していた場合、携帯が爆発してしまったり、感電してしまったという報告例は確かに存在する。しかし、どれも純正の充電器を使用していなかった場合であり、純正のものを使用していればそういった問題が起きることはない。

3.電源を定期的に切るとよい

いくら機械と言えど、携帯も電源を落として休ませてあげることが必要だという。アップルストアの店員によると、「iPhoneの電池の寿命を伸ばしたいのであれば、1週間に1回電源を落とすだけでも、だいぶ違う」という。就寝中など、携帯が必要ない時は積極的に電源を切ることを心がけることは大事かもしれない。


純正でない充電器は,夜通し充電,電源を定期